• 食べたものの記録

    野崎白菜はくちゃん祭り

    名古屋市中川区では、愛知の伝統野菜でもある野崎白菜を普及させようと、毎年はくちゃん祭りを開催している。

    たまたまそのチラシを見たのだが、お祭りの一企画として、食べ歩きスタンプラリーがあった。

    地域のレストランがいくつか白菜を使った料理で参加していたのだが、そこに「とうじそば」を発見。

    以前に松本で食べたとうじそばが美味しかったので、それが名古屋で食べられるならとお店を訪問した。

    とうじそば

    ちなみに「とうじそば」とは野麦峠で有名な旧奈川村(現松本市)に古くから伝わる郷土料理で、山菜などお野菜がいっぱい入ったお出しの中に、冷たいそばを投じシャブシャブの様に温めて食べるもの。

    駐車場

    お店は、名古屋市中川区、地下鉄東山線「高畑」駅から東に徒歩3分ほど。

    少し年季が入った建物の前には植木や置物がいっぱいでした。

    駐車場は、すぐ北隣に4台分。ただし入り口が北側にあり、逆向きの一方通行なので店舗前から行くとかなり大回りしなければならないという落とし穴がある。

    店内は、6席ほどのカウンターに、テーブル席、小上がりの座敷とあるが、ちょっと手狭という感じ。

    日曜日のお昼に利用。先客3組。

    メニュー

    メニューは、当然ながらのそばに、丼もの、うどんもあり、定食もある。

    信州屋という名前の通り、信州の郷土料理であるくるみそばや、ソースカツ丼もあった。

    そばは長野県より直送の粉を使って手打ちしているとのこと。

    税別表記だが、なぜか消費税は8%の据え置きになっていた。

    信州とうじそば 1000円

    上にも書いたが、これを食べに来たのにメニューに載っていなかった。お店の人に聞いても知らなくて、ご主人のみが、キャンペーンメニューだったなあ、という感じでした。

    鍋の具は、白菜、ネギ、えのき、しめじ、お麩、鶏肉。

    まあ、ざるそばの、汁が温かい鍋になっているというだけである。

    悪くはないが松本で食べたもとは別物だった。まあ、向こうはほぼ専門店で、こちらは期間限定メニューなので当然といえば当然か。

    ソースかつ丼セット 950円

    信州名物のソースかつ丼とそばのセット。そばは温かいか冷たいかを選べます。

    ソースかつ丼は、ごはんの上に、キャベツの千切り、とんかつで、ソースは別皿。かなり薄めのソースでしたが、丼としてはごはんとの相性もよく美味しかった。ただ、とんかつのお肉はちょっと薄め。

    感想

    悪くはないですが、あくまでも近所使いのお蕎麦屋さんという感じでしょうか。わざわざ遠くから来るお店ではないですね。

    名古屋かその近くでおいしいとうじそばを食べられるお店があれば、情報をいただきたい。

    信州屋そば(蕎麦) / 高畑駅荒子駅八田駅(名古屋市営))   
    昼総合点★★★☆☆ 3.0 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。