• 食べたものの記録

    ★3.3

    伏見で魚料理をいただきました。

    「竹亭」は、うまい魚が食べられるとかなり評判の良いお店。場所は、名古屋市中区 地下鉄「伏見駅」近く、御園座の南の通りにある。

    駐車場はない。

    「魚めし」との看板に、魚の文字が書かれた暖簾で、魚に自信があるという主張が伝わっってくる。

    行列

    平日のお昼に利用。

    ランチタイムには行列を作るとの話もあったので、12時前に店に着いたが特に行列はなかった。

    店内は、入ってすぐに大きめのカウンター、奥は個室になっているよう。二人までの客はカウンターで、グループ客は個室に案内されていた。

    お店に入るとまずは入口横の椅子で待つようになっていて順番に案内される。ここで、ある程度の時間調整をしているようだった。

    メニュー

    ランチメニューは、千円の定食から、3500円のコースと豊富。

    基本は魚料理だが、豚の生姜焼きなどもある。

    焼魚、煮魚は注文時に、魚そのものを見せられて、魚を選択する。

    これがその魚で、上が、いとひきあじ、真ん中3匹が、めあじ、下が、くろむつ。他にキハダマグロがあるとのことだった。

    魚はすべて天然魚とのこと。

    盛り合わせ定食 1800円

    お昼の定食は、海鮮どんぶり、焼魚、煮魚、天ぷらの4種類が千円であるが、そのうちの2つを組み合わせたのが盛り合わせ定食で、1800円となる。

    煮魚に海鮮どんぶりを組み合わせることにした。

    おすすめといわれたので、煮魚は、めあじを選択。

    梅干し煮です。ただ、梅干しの味は、そこまでしません。魚はなんとなくパサパサで、美味しくはないなあと思いました。

    後で調べてみると、めあじは、一般的な真鯵に比べると、脂が少なく人気もなくて値段も安いとか。調理の問題ではなく魚の選択ミスだった可能性は高いですね。おすすめといわれましたが。

    海鮮どんぶりは、キハダマグロ、ひいか、鯛との内容。これもあんまり魅力的ではなかったかな。

    まあ、本来1000円のどんぶりなので、値段的にはこんなものかもしれません。

    豆腐、味噌汁、香の物、杏仁豆腐付き。味噌汁はお変わり可能で、魚の出汁の味が感じられる美味しいものでした。

    今回は盛り合わせ定食にしたが、煮魚定食だけの場合でも小さい刺身が出てくるようで、無理して盛り合わせ定食にしなくても良かったと思った。

    感想

    行列を作るお店と思ってきたので、行列がまったくなかった時点で拍子抜けだった。まあ、たまたまだったのかもしれません。

    魚も正直、そんなに美味しくはなかったです。上に書いたように選んだものが悪かっただけかもしれませんが。

    期待しすぎたということもあると思いますが、ちょっと残念でした。まあ、お昼の1回だけの利用では判断できないお店だとも思います。

    竹亭魚介・海鮮料理 / 伏見駅大須観音駅丸の内駅)   
    昼総合点★★★☆☆ 3.3 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。