• 食べたものの記録

    ★3.8

    長野県松本市でお蕎麦を食べてきました。評判の良いお店を検索してたどり着いたのがこちら。

    場所は、松本市の中心部、蔵のある街として観光ストリートとなっている中町通りを一歩入った所にあります。

    駐車場はなし。

    たどり着いたのは、街の普通のそば店という感じのお店で、外観からは名店という感じはしませんでしたね。

    休日の12時少し前で、行列はなし。

    観光地でこの日も中町通りは結構な賑わい、数十名の行列と書いてある口コミもあって覚悟していたので少し拍子抜け。

    ただし、店内は満席、中で待っている人もいたので、店前においてあった椅子に腰掛けて待つことに。

    店内は、4人がけのテーブル席が3つのみで、相席は必死。客席数が少ないので客の回転は良くないです。

    30分ほどで席に案内されたが、その間に10名ほどの行列にはなった。

    メニュー

    メニューは、シンプルに冷たいざるそばと、温かいかけそばのみ。それぞれ、1人前、大盛り、半分とあります。

    実は、この温かいかけそばがあるのは冬季のみで、基本的にはざるそばしかないお店。

    地元食材を使った一品料理は、季節ごとの限定で、この日は、地蜂の子の塩炒りと、松本市の伝統野菜である稲核菜(いねこきな)の漬物がありました。

    ざるそば 一人前 1150円

    9割そばとのこと。そばは、非常に細いが、固さもしっかりある。かなり冷たく冷やされて提供された。量はそこそこある。

    つゆは甘みがほぼないもの。薬味は、ネギ、大根おろし、わさびが少量。

    箸休めの一品で、切り干し大根の煮物。

    なるほど、たしかに美味しいですな。

    蕎麦湯もたっぷり提供された。

    五目かけそば 一人前 1450円

    かけそばは、揚げ、しいたけ、ゆでたまご、ほうれん草、海苔の入った五目そば。

    つゆは、少し濃い目で醤油辛い。

    麺はざるそばより若干太めではあるが、かけそばゆえにコシは感じられない。

    美味しいことはおいしいが、やはりこのお店ならざるそばを食べるべきだろう。

    感想

    おいしいそばであることは間違いありません。

    ただし、あくまでもシンプルなざるそば。全国でおいしいそばが食べられる今、松本でこのお店に行く意味がどれくらいあるかは、少し微妙かもしれません。

    人気店であり、非常に狭いお店ですが、お店の接客担当の人は非常に腰が低く丁寧だったのは嬉しかったですね。

    営業は昼のみで売り切れ次第終了。行くのであれば、開店時間を狙っていくのがベストかも。

    野麦そば(蕎麦) / 松本駅北松本駅西松本駅)   
    昼総合点★★★☆☆ 3.8 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。