• 食べたものの記録

    小松名物

    石川県の南部にある小松市にお邪魔しました。はじめて来た場所ですが、名物に塩焼きそばがあるということで、それを食べることにしました。

    調べると「餃子菜館 清ちゃん」というお店が発祥のお店ということで向かいましたが、定休日(火曜日)でした。

    そこで、清ちゃんと人気を二分するというこちらのお店に伺ったというわけです。ちなみにこのお店は、清ちゃんの弟さんのお店ということです。

    場所はJR小松駅から徒歩3分ほど。老舗の中華料理屋らしくない白い大きな建物でした。駐車場は店舗横、前に広く用意されています。

    平日のお昼に利用。12時前に入店したのですぐに席に案内されたが、すぐに満席になり12時過ぎたら5組ぐらい待ちがあった。

    店内は広くテーブル席、カウンター、小上がりの座敷とある。2階は個室(利用料が発生する)。

    メニュー

    メニューは、いわゆる中華料理のお店としては定番のものを揃えており、町中華としては豊富だと思います。平日限定の日替わりランチ850円もあり、この日はレバー炒めとなっていました。

    餃子 焼 480円

    「餃子菜館」なので餃子を注文。焼、水、蒸とありました。

    1分もかからずに提供。7つがつながった焼き上がり。きちんと焼き目がつけられておりバリッという食感がうまい。好きな味です。

    塩やきそば 570円

    小松名物。

    「清ちゃん」の店主が、新しい味を求めて中国各地、日本全土を旅して回り、「チャーメン」という中国の炒めそばから発展させたとのこと。太麺に塩の味付けが特徴。

    具材は、キャベツ、ねぎ、人参、もやし、豚肉でした。

    塩という感じはあまりせず、中華スープで炒め煮した感じでしょうか。結構濃厚な味でした。太麺と野菜がよく合っています。

    まあ、こんな感じの料理は他のお店でもよくあるかなとは思いましたので石川県まで遠征して食べるかといわれると微妙ですが、近くに来たらまた食べてみたいとは思いました。

    餃子菜館 勝ちゃん中華料理 / 小松駅
    昼総合点★★★☆☆ 3.5

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です