• 食べたものの記録

    そばきり 萬屋町 助六

    岐阜県関市に行くといつもうなぎを食べてしまうのだが、蕎麦の名店があるというので行ってみました。

    場所は、関の中心街である本町商店街の西にあります。

    駐車場は店の左側の道を入ってすぐのところに7台ほど。

    店内はテーブル席が7つほど。すこし狭い感じではあるが、町の蕎麦屋さんとしては十分。調理場は客席から見渡せるようになっています。

    休日のお昼に訪問。ほぼ満席であった。

    メニュー

    メニューは冷たい蕎麦とぬくいそばがそれぞれ7,8種類。そばがきや焼き味噌などの一品料理、甘味となっている。

    冷たい蕎麦は、十割、あらびきのほか円空なた切りという平打の麺があった。

    円空なた切り(平打ち) 900円

    そばで平打ちはめずらしいと思って注文。まるできしめんのようですね。

    つゆのほか、味噌、塩でも食べてくださいとのこと。薬味はねぎと大根おろし。

    食べてみると、平たく太い麺だけあって、蕎麦の香り味は強いのだが、やはりのどごしは良くない。きしめんのようにちゅるちゅるという感じではない。もともとしっかり噛んで食べたい人のためのメニューとのこと。

    変わったメニューがあるのはおもしろいし、一度試してみるのはありだとは思うけど、普通の蕎麦のほうが好きだなと思いました。

    ごぼう天おろし 1500円

    そばは十割そば。その上に大根おろしとごぼうのかき揚げ天ぷら。これにつゆをかけて食べる。薬味はねぎとわさび。

    そばもうまいしごぼ天もうまい。これは好きな味でしたね。

    遠方から行くほどの店かどうかは微妙ですが、良いお店だと思いました。

    そばきり 萬屋町 助六そば(蕎麦) / 関駅刃物会館前駅
    昼総合点★★★☆☆ 3.8

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です