• 食べたものの記録

    岐阜県七宗町

    国道41号を美濃加茂市から下呂方面に走っているときに見つけたお店。

    特に何もないような田舎道に突然、油揚げの看板を掲げたお店があったので入ってみた。
    羽釜で煮た大豆を使って豆腐を作っているとのことでした。

    駐車場は店舗横にあります。

    店内は、持ち帰り用の商品がおいてある他に、店内で食べることができるスペースも割と大きい。なので最初は簡単な食事メニューとかあるのかなと思ったけど、そうではないようだ。

    商品は、豆腐、油揚げ、こんにゃく、ところてん、がんもなどなど。

    基本は持ち帰りであるが、ところてんや、いなりずしなどを店内で食べるというと、それ用のお皿に盛ってくれます。特に説明が書いてあるわけではないので、かなりわかりにくですが、いなり寿司などは、店内用に温かいものが出るし、油揚げは焼いて出してくれるとのことでした。

    お茶等はセルフサービス方式となっている。

    今回は持ち帰りで利用しました。

    いなり寿司 4個入 1000円

    竹の皮の入れ物に入っています。三角形でひとつが大きめ。味付けは控えめ。揚げが厚くて揚げの主張が強い。酢飯が少し潰れ気味で、酢飯と揚げがあまり合ってないような気がした。

    好みはあるが、個人的には甘くて、揚げと酢飯が一体的になった普通のいなり寿司の方が好きだなと思いました。

    1個250円という値段に価値があるかどうか。

    他にもめん豆腐250円、味付け油揚げ5個500円などを購入。

    確かに豆腐は味が濃厚でスーパーなどに置いてある商品とは違うのだが、値段も違うので当たり前というか、個人的には値段ほどの価値は感じられませんでした。

    まあ、田舎にあるこだわりの豆腐屋さんということで、好きな人は好きかもと思います。

    豆釜匠・蒟蒻匠豆腐料理・湯葉料理 / 白川口駅
    昼総合点★★★☆☆ 3.3

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です