• 食べたものの記録

    北陸直送

    石川や富山は魚がおいしく回転寿司であってもレベルが高いことが知られており、最近はそのような北陸に本店をもつ回転寿司が、名古屋にも進出してきている。

    この「もりもり寿し MOZOワンダーシティ店」もその一つで、本店は石川県野々市市にあり、金沢駅や、近江町にも店舗があって人気を博しているという。

    東京や大阪にも進出しており愛知県では、新瑞橋のイオンと、ここ西区のMOZOワンダーシティの2店舗がある。
    今回は、そんな金沢発の本格回転寿司に行ってみた。

    場所は、西区にある巨大ショッピングモール「MOZO」の1階レストラン街の一角にある。駐車場はショッピングモールのものを使用。

    平日のランチタイムに利用。8割位の込具合であった。

    店舗はオーソドックスな回転寿司そのもので、ボックス席とカウンター席がある。タッチパネルが備えられており、タッチパネルから注文が可能。ただし、職人さんに直接注文も気軽にしてくださいとのことでした。

    メニュー

    メニューは、グランドメニューの他、本日のおすすめが一枚刷りとなっている。

    そのメニュー左上は、「北陸直送」の魚になっており、やはり北陸が売りであることがわかる。

    皿は、通常のものが120円から600円、三点盛りになると1300円まである。

    適当に回っているものや注文をしていただきました。

    回転寿司としては、標準かなと思いました。

    金沢で人気といっても、魚を輸送しなければならないお寿司では、金沢の店舗とまったく同じというわけにはいかないだろうし、値段もそこそこするので、まあ、こんなものかなという感じです。

    あら汁は、魚が3種類くらい、けっこう大きめの身が入っていて美味しかったです。

    魚の名前

    個人的にはひとつ難点があって、それは魚の名前がわからないこと。回転寿司では、レーンを回る皿の前に魚の名前を書いた札を回しているお店が多いが、このお店はそのようなことはしていなかった。

    上の寿司が回ってきてすぐに名前が分かる人がどれくらいいるだろう。

    見てすぐわかる魚もあるが、やはりわからなくて迷ってしまうことが多い。これはちょっと考慮してほしいと思いました。

    もりもり寿し mozoワンダーシティ店回転寿司 / 小田井駅上小田井駅
    昼総合点★★★☆☆ 3.3

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です