• 食べたものの記録

    セルフ十割そば

    愛知県あま市七宝町で十割蕎麦を食べてきました。

    このじゅうべいというお店ですが、手軽に十割蕎麦を食べられるお店ということで岐阜の柳津町にできた(2016年)のは知っていたのですが、少し遠いのでなかなか行く機会がないなあと思っていたところでした。

    ただ、すぐに人気が出たようでその後、尾張旭、そしてこの七宝町と店舗が出来たので、我が家からは一番近い七宝町のお店に行ってみました。

    場所はあま市役所の東、県道沿いにお店はあります。

    駐車場は店舗横に広く確保。

    休日のお昼に利用。駐車場はほぼ満車状態、店内は少し行列を作っていました。

    このお店、簡単に言うと、少し前から流行っているというか、いまや定番になった「はなまるうどん」や「丸亀製麺」といったセルフうどん店のそばバージョンです。

    というわけで、お客さんはまずは自分でお盆をとって、天ぷらやおにぎりなどのサイドメニューを自分で取って、そばを注文して、商品をもらって、お茶を自分で入れて席に着くという流れになっています。

    メニュー

    そばは、ざるそば、かけそばをはじめ、温冷それぞれ7種類ほど。とはいっても温玉とか、山菜、きつね(油揚げ)というほぼトッピングの違いです。

    それぞれ並、大とあり、なぜかざるそばだけは「特」がありました。

    ざるそば、かけそばの並は380円。

    そばはすべて十割ということ。
    これは専用の機械が開発され、職人でなくても十割そばを作れるようになったからのようです。

    お店は混んでいましたが、回転は早く、注文のところで少し行列が出来ている程度。天ぷらなどを選んでいるうちにすぐ注文となり、ほぼ待つことなしに商品の提供があります。

    お茶お水はセルフサービス。そば湯もセルフサービスであったのは嬉しいですね。

    また、わかめと天かすはセルフで乗せ放題となっていました。

    ざるそば 特  580円

    特盛はツユが2つ付きます。

    かき揚げ(130円)もいただきました。

    十割蕎麦という感じはしなかったですね。やはり職人さんが出しているお店とはちょっと違うというか、香りはともかく歯ごたえが違うなという感じが強くしました。

    鴨南蛮そば 大 680円

    季節限定メニュー。

    あなご天(150円)もいただきました。

    ツユはかなり濃い目で醤油辛い。
    温かくするとさらにそばの歯ごたえがなくなる感じがしました。

    ちょっときつめのことを書きましたが、値段を考えれば十分すぎるとは思います。ただ、職人さんが作っているそばと比べるのはちょっときついなと思いました。

    その点ではうどんに比べるとまだまだかな。

    十割そば じゅうべえ 七宝店そば(蕎麦) / 七宝駅木田駅
    昼総合点★★★☆☆ 3.5

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です