• 食べたものの記録

    越前がに

    福井県の三国港で蟹を食べてきました。

    場所は、えちぜん鉄道三国港駅のすぐ横。大きな越前ガニがお店にへばりついているのですぐわかるかと。

    お店は、三国温泉の名旅館『望洋楼』直営のお食事処ということでした。

    お店の駐車場はないのだが、お店の隣が無料の市営駐車場となっており、ほぼお店の駐車場みたいに利用できるというなんとも羨ましい環境となっています。

    休日のお昼に訪問。1時近い時間だったが10組以上の待ちがあった。

    お店の中に座って待てる場所もありますが、せっかくなので三国港の駅を散策して時間を潰しました。

    左が三国港駅、右が市営の駐車場で奥に店舗があります。

    ちなみに予約は組数限定で、時間も開店の時間のみと制約があるようなので、詳しくはお店のホームページで確認してください。

    店内は、基本半個室になっていました。

    大きな生簀に大量の越前ガニ。

    メニュー

    メニューは、蟹のフルコースの他に、丼ものや、カツやメンチカツといった蟹ではない定食、お子様向けメニューなど。

    フルコースは、茹で蟹が一人一杯ついた蟹満足フルコースと、茹で蟹が二人で二杯の蟹三昧フルコースの二種類があり、それぞれ蟹の大きさで値段が分かれていますが、一番安くても一人23500円と2万円超えです。

    この日は二人できていたのだが、実は、メニューを読み間違えてろ、蟹三昧フルコースの1名分の値段を2名分の料金だと思って注文しようとしたら、実は1名分の料金だということがわかり、なんとも恥ずかしいことだが慌てて注文を引っ込めることになった。

    すると、1名様用の蟹満足フルコースを2名でシェアすることもできますよということで、結局、蟹満足フルコース(茹で蟹400g)と、がさ海老カツ丼を注文しました。

    蟹満足フルコース

    上にも書いたように茹で蟹の大きさで値段が変わり、23500円、32500円、46500円となっています。

    内容も値段によって多少変化がありますが、自分が注文した23500円のコースの場合は、お造り、せいこ蟹の甲羅盛り、蟹刺し、蟹の甲羅焼き、茹で蟹、ごはん等という内容です。

    お造り

    せいこ蟹の甲羅盛り
    内子がうまい

    蟹刺し

    蟹の甲羅焼き

    茹で蟹

    分解したところ

    蟹身の入ったご飯とあおさのお吸い物

    まさに蟹のフルコースですね。値段を考えなければ大満足です。

    1名用のコースではあったが、醤油やカニ酢、取り分け用の皿などはすべて2名で食べるように用意していただけたのも良い感じでした。

    量としても、これで十分というか、一人で食べていたら食べ切れたのだろうかという印象である。

    がさ海老カツ丼(1730円)

    がさ海老は、ガスエビとも呼ばれる海老。日本海沿岸でしか水揚げされず鮮度のオチが早いのでなかなか市場に出回らないということで「幻の海老」とも呼ばれることもあるとか。

    これは、その海老をフライにし、卵あんの上に載せた丼。

    これも十分に美味しいのですが、やはりわざわざこのお店に来たというのであれば蟹をいただきたいかな。

    三国は、東尋坊の手前ということで観光地としては通過されそうな場所ですが、今回、食事のあとに町巡りをしましたが、意外に見どころがあって面白かったです。

    観光を兼ねて食事に行くのも大いにありだなと思いました。

    越前蟹の坊かに / 三国港駅三国駅
    昼総合点★★★☆☆ 3.8

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です