• 食べたものの記録

    新しいホテルビュッフェ

    伏見のヒルトン名古屋では長い間カレービュッフェをやっていたが、この度(2018年12月)リニューアルして、新たなビュッフェレストランが誕生したというので行ってみました。

    料金は、ランチ、平日4000円、土日祝4800円、ディナー、平日4,900円、土日祝5700円と、名古屋のホテルビュッフェとしてはかなり高めですね。

    これにサービス税なども付くので平日ランチでもほぼ5000円です。

    利用はしませんでしたが、飲み放題もいろいろなコースがあり、アサヒ生ビールで3200円、クラフトビールで6000円、ワインパッケージで3600円となっていました。

    駐車場はホテル地下にあり、3000円利用で2時間無料となっています。

    平日のランチタイムに予約していきました。

    レストランはホテルの1階で吹き抜けになっており、テーブルも広く配置されゆったりとした空間となっていました。

    ほぼ満席でしたが、平日ということもあり予約なしでも問題ない感じでした。お客さんはほぼ女性でした。

    内容は、まるごと焼いた肉がメインで、これがシェフの切り分けとなっていました。

    ほかは、パン、サラダ、チーズ、デザートなどがありましたが、和食系はなくホテルビュッフェでは必ずと言ってもよいくらいあるカレーもありませんでした。

    料理

    きれいになれべられたスイーツ。

    いろとりどりのアイスキャンディー。

    他に比べるとおとなしいディスプレイのフルーツ。

    きれいにディスプレイされたドリンク。

    カラフルなサラダ。

    ストウブ(STAUB)で提供されているホットフード。

    パンは自分で切ります。

    シェフが切り分けてくれる肉料理。手前がローストビーフ、奥がローストポーク。

    感想

    ホテルのサイトにも記載されているように、フォトジェニックを狙ったことはわかるのですが、そこに力を入れすぎではという気がしました。

    カラフルに並べられたアイスキャンディーは確かに写真映えしますが、一本も食べられないです。五分の一くらいの大きさにしてくれたら良いのにと思いました。

    味は悪くないですが、ホテルビュッフェとしては種類が少なめのような気がします。

    デザートが正面の一番目立つ位置に配置されており、数も多かったので力を入れているのだなと思いました。

    なので、デザートをメインに考えているという人は満足できるかもですが、食事をメインに考えているという場合は微妙かもしれません。

    値段からすると満足度は低いですね。

    また、これはこのレストランだけの話ではないのだが、公式サイトよりも一休などの予約サイト使ったほうが料金が安くなったりする。面倒だし、普通に利用すると損をした気分になるので、やめてほしいが仕方がないか。

    インプレイス 3-3 ヒルトン名古屋バイキング / 伏見駅国際センター駅丸の内駅
    昼総合点★★★☆☆ 3.0

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です